秋元技術コンサルタンツ
会社案内業務案内プライバシーポリシーアプリケーションリンク不動産情報求人情報
ホームへ戻る
業務案内
GISの概要GISの構築体制GIS用語集単位換算表
当社ではGIS導入プラン作成から、データ作成・構築、ソフトウェア開発、ハードウェア設置、操作指導、メンテナンスまで、トータルサポートいたします。
GISの概要
GISとは
GISとはGeographc Information System(地理情報システム)の略で、地図データと様々な情報(文字、数字、画像など)を結びつけ表示・編集・検索・分析するシステムのことをいいます。GISを用いることで視覚的に表現できるため、把握しにくい情報も把握しやすくなります。GISは行政や市民生活やビジネスの現場で幅広く利用することが可能です。
特徴
平面図の電子化と一元管理 図1
路線平面図等の図面を電子データとして入力、座標情報を付加することで、一元データとして作成。位置や情報をすばやく検索・表示・印刷できます。
情報の重ね合わせ
路線平面図等の図面を電子データとして入力、座標情報を付加することで、一元データとして作成。位置や情報をすばやく検索・表示・印刷できます。
データの編集・分析
必要な情報を呼び出し、使いやすい大きさや形に加工可能です。例えば複数の空間データを呼び出して合成・編集できます。また、各種統計データを使って分析・評価できます。
情報の共有化
ネットワークを介し様々な場所から利用できます。情報の共有化による作業効率の向上が図れます。
ページトップへ戻る
GISの応用事例
・土地管理、資産管理、住民データ管理
・都市計画、防災(施設計画・緊急時対応・復興計画)、交通・輸送の計画、施設管理
・上下水道、電気、ガス、電話、道路などの施設計画・管理
・エリアマーケティング(販売戦略・店舗)
目指すべきGISを活用した社会の姿
行政の効率化・高度化
地図の共有による行政の効率化及び経費削減、地図を使った電子申請が可能
国民生活の利便性の向上
国民が知りたい情報を知りたいときに分かりやすく容易に入手可能(ハザードマップ、ヒヤリ・ハットマップ、公共施設・医療機関・店舗などの情報、都市計画規制の内容などの行政情報)
産業・サービスの発展・創出
中心市街地における顧客分布や買い物客の移動パターンの分析等による新たな需要を発見など
国土の利用・整備・保全
国土の利用、整備及び保全に関する計画の策定や、公共施設の維持・管理などに利用、災害予測、災害状況の把握、復旧・復興の取組支援
地理空間情報高度活用社会の実現のため、GISの整備・普及が進み、多くの人がGISを活用すると考えられます。
ページトップへ戻る
秋元技術コンサルタンツ