秋元技術コンサルタンツ
会社案内業務案内プライバシーポリシーアプリケーションリンク不動産情報求人情報
ホームへ戻る
遺跡見学 砂押古墳
調査の結果、砂押古墳は段丘裾部にテラス(平坦面)を持つ市内最大クラスの円墳であることがわかってきました。
この古墳は、埴輪や土器が出土したことで、古墳が造られた年代は5世紀後半から6世紀前半(今から約1500年前)であると考えられました。
・墳丘 径: 25m 高さ: 約5m(南側)
・テラス 幅: 4.5〜5m
・周溝 幅: 3.5〜4m
(仙台市教育委員会文化財課資料より)
 前のページへ次のページへ 
ページトップへ戻る
秋元技術コンサルタンツ